皆さんこんにちは!!スタッフの高牟礼です。

台風18号の影響はいかがですか?

日本全国で大きな被害が出ないよう祈るばかりです…(T_T)

皆さんもお気をつけてお過ごしください。

 

突然ですが今日は私の目標とする「白洲次郎」についてお話しさせて頂きます。

白洲次郎は、1902年兵庫県芦屋市出身の実業家で、

ある書籍のサブタイトルで「日本一かっこいい男」として評されていました。

終戦後のGHQ支配下の日本で吉田茂の側近として活躍し、

独立復興後は、東北電力会長等を歴任した。

夫人は作家の白洲正子。

彼の生き方の根本にあるのは「プリンシプル」。直訳すると、原理・原則などと訳される。

彼流には、「筋を通す」「ブレない」と自分の良心のみを信じ、輝かしい未来を信じ

昭和史を生きた侍ジェントルマンである。

若くしてイギリスのケンブリッジ大学に留学し、英語も堪能で

スーツも英国の老舗「ヘンリープール」で仕立て、靴も「ジョン・ロブ」を愛用。

「オイリーボーイ」と呼ばれ、ベントレーや80歳になるまでポルシェ911を乗り回していた。

ジーンズも日本で初めて履き、「カッコイイ」ダンディな出で立ちであるが、

私のあこがれは、中身・人間性のすごさです。例えば彼の名言で、

「我々は戦争に負けたが、奴隷になったのではない」と

GHQとわたりあい、日本人が戦争に負けて最も自信を喪失し、卑屈になっていた時期

支配者に対して、日本の気概を示した姿もカッコイイ。

最後に「葬式無用・戒名不用」という簡単な遺言を残し風の様に消えていった。

 

皆さんも「レーメント」で自分流のこだわりスーツを一緒に見つけましょう\(^o^)/

LINEで送る
Pocket