皆さんこんにちは(^O^)/

スタッフの高牟礼です! 久々のブログです…( ̄▽ ̄;)

今日は当店でも扱うインポート、イタリアイギリスの思い出を書こうと思います。

 

イタリアのファッションは皆さんご存知の様にデザイン性や着心地を重視し、

感性を大切にしている様に思います。

性格も明るく街中でも気軽に声をかけてきます。特に女性には!!

声をかけない方が失礼な様です。

しかし、ローマのスペイン広場トレビの泉ミラノのスカラ座ドォウモ等

歴史を街中から感じます。

 

一方イギリスは、ジェントルマンの国。

かちっとした着こなし、しっかりとした生地等、

国民性の違いが出ていると感じました。

ビックベンバッキンガム宮殿大英博物館等

昔、大英帝国と言われた様に歴史と皇室の歴史を感じます。

食事については個人的には断然イタリアの勝ち! ボーノです(●´ω`●)

 

レーメントにも、イタリアイギリスのブランドが沢山揃っています。

是非皆さん生地の違いなど見に来て下さい。お待ちしています(/・ω・)/

LINEで送る
Pocket