福岡・北九州のオーダースーツ専門店,紳士服のレーメント。信頼の一着を,信頼の価格にて。

洋服のしみ抜き・ワンポイント

  • HOME »
  • 洋服のしみ抜き・ワンポイント

シミ抜きのあれこれ

<果汁・酒類>

市販の3%オキシフルを3~4倍にうすめたものでふく。石けんや熱を加えることは禁もつ。

<コーヒー、茶類>

急いで固く絞ったタオルで摘まむように拭き取る。クリームやミルクが入っている場合は、薄い洗剤を浸した布で叩くように。その後、酢を浸した布で拭き取る。
緑茶、紅茶、コーヒーなどのタンニン含有飲料は、石けんやアルカリは不可。グリセリンを水4倍に溶かした液または、5%さく酸を用い、糖類はよくすすいで流す。果汁の方法で漂白してもよい。

<油類>

動植物油は日がたつほど溶解しにくくなる。揮発油でたたくようにしてとる。もし四塩化炭素が手に入れば、揮発油より溶解力が強いし、引火しない。色素が残れば果汁の場合と同様の方法でとる。

<汗・乳>

新しいシミはアンモニアを石けん水に少量加えた液で洗う。
古い汗じみはアルコールにアンモニアの10分の1内外を加えたアンモニア性アルコールで処理する。色ものには気をつける。漂白は最後の手段。

<血液>

完全にとるのはむづかしい。昔から大根おろしが用いられるが、これはタン白質を酵素で分解する方法で、薬用の酵素消化剤が手もとにあれば、シミを水で湿して消化剤を振りかけ来ておけば一晩くらいで幾分ゆるむから水洗いする。
水洗いしてから石けんまたはアルコールで洗う。その後でアンモニア液に浸す。

<しょうゆ、酒類>

ぬるま湯で落としてみて落ちないときは、中性洗剤やアンモニア液を使う。

<ミルク、バター>

ベンジンで脂肪分を除き、その後でアンモニア液か中性洗剤で拭き取る。

<車の油>

まず、ベンジンで掴むように拭き取り、その後で中性洗剤を使う。

<泥はね>

よく溶かしてから指先で弾き落とす。その後からブラッシングするのがポイント。

<果実汁、ジュース>

アンモニア液か、中性洗剤で落とす。

<口紅>

ベンジンで叩くように拭いた後で、中性洗剤であらう。

<鉄さび>

酢で浸した布で拭き取ってから、師範の“さびとり”で拭いてみる。

<ガム>

ガムの柔らかいうちは、却って取り難いので、水で冷やしてそぎ取る。

<インク>

青インクと赤インクとでは、シミ抜きをする薬品が違う。青インクは“しゅう酸”。赤インクは「アンモニア液」か「アルコール」で洗う。

<その他>

色々試してみて、結局よく落ちない場合もある。その時は、シミになった原因を説明して、クリーニング店に任せるのが良い。

LINEで送る
Pocket

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ(小倉本店) TEL 0120-412-924 AM10:00-PM6:30[定休日 祝日以外の木曜 盆・正月]

PAGETOP