皆さんこんにちは、ブログ二度目の登場スタッフの高牟礼です!

今回は青春時代の映画の思い出、ファッションの参考になったスターを振り返ってみます。

 

一番の思い出は、1970年公開のフランス=イタリア合作映画『ボルサリーノ』です。

出演は当時の2大スターであった、アランドロンとジャンポールベルモンドで、

内容はギャングがうごめく1930年代のマルセイユを舞台にしたギャング映画でした。

何と言っても、内容よりも2人の姿がカッコイイ‼

特にストライプのスーツの着こなしが何とも言えず、憧れていました(笑)

当時高校生の私は親友の小川研次君と一緒にボルサリーノのテーマ曲を

レコードで聴きながら洋服を着替え、私はトラッド=VAN、研ちゃんはヨーロピアン=JUNの

ブランドに身を包み、夜の街に繰り出していました(笑)

今思うと映画には夢があり、私達のファッションのお手本でもあったと思います。

カサブランカのハンフリーボガードの『トレンチコート』

オードリー・ヘプバーンの『サブリナパンツ』や『ヘップバーンカット』など、

思い出したらきりがありません。

 

皆さんもレーメントで今の時代の素敵なスーツを一緒に作りましょう⤴⤴

 

LINEで送る
Pocket